2015年09月04日

野虫の会なの。キラキラ枯葉な蛹化と逆らえぬ敵編

今年は春先にツマグロヒョウモンが全然来なかったので寂しかったんですけど、夏に入って続々とやってまいりました。
ここのところはず〜っと雨で涼しい日が続いていたので蝶の飛来があまり無いですけど、その間も足下ではツマグロ赤ちゃんがチャクッと成長しておりまして、気付けば庭のスミレは食い尽されてつつあります。

しかしこれだけ沢山の幼虫がいるのになぜか今まで一度しか蛹を見たことが無い。それが悔しかったので、先日数匹を網で囲って観察してみました。

ある朝網から脱走している子を発見。戻そうとしたところ、よく見ると逆さまになって前足が浮いている!!これがツマグロヒョウモンの前蛹体型なのですね。
tsuma1.jpg
お尻がチョンとくっ付いているだけで何とも危なっかしい。が、愛らしい。
夕方もう一度見たら綺麗な蛹に変身していました。
tsuma2.jpg
幼虫の時同様トゲトゲですが枯葉色。よく見ると、頭の方のトゲトゲは白・・ではなく、銀色。キラキラ光る点々が綺麗です。風が吹くとゆらゆら揺れてすっかり枯葉みたいです。


いくら枯葉に似ていても全く見つからないのはどういうことよ・。と庭を散策していると、肩越しをプ〜ンと行き過ぎるセグロアシナガバチ。
一枚一枚葉っぱの裏を丁寧に探している。かなり念入り。
そうして急にスミレの葉の裏にススッと入って出てきた時にはアゴにワリと大きなツマグロくんの幼虫が!
狩られましたか。。どうせ狩るならザクロについてるシャクちゃん(尺取り虫のこと)を狩ってくれよ、と思ってしまうのだが、じつはシャクちゃんも結構狩られているようです。

で。そのまま観察に入る。
ツマグロくんの幼虫を銜えて足場の安定した所に着地したアシナガバチくん。降りたと同時に肉団子作り開始です。見ているとどうも内臓ではなく表面の皮と筋肉?を団子にしているようで、じょじょに黒い部分が剥かれていって抱え込むようにアゴと前足で団子に。

ashi1.jpg

ashi2.jpg

ashi3.jpg

ashi4.jpg

ashi5.jpg

この間5分。完成するとアゴに銜えてブーンとお空の彼方へ。
塀の上には幼虫の緑色の内臓が残されました。
ashi6.jpg残骸
全部残さず喰えよ〜・・暫く待ってたけど残りは取りにこなかったよ。。そういえば内臓とウンチの色は一緒でスミレの葉の色なんだねぇ。。

で、枯葉のような蛹は結局8日後に見たら脇っ腹に2個穴が開いてました。こちらは寄生蜂にやられました。
でもその隣にもう1つあった枯葉くんは10日後に無事羽化☆
tsuma3.jpg

寄生蠅やら寄生蜂やらアシナガバチやら何やら、敵は多いががんばれツマグロくん。
まあ一番の敵は食糧難かもね。。今年は例年に比べて出没が遅くて初夏からだったから足りると思ったんだけどねぇ。(誰かスミレくれぃ。

ニックネーム dango at 11:18| ときどき野虫の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月15日

野虫の会なの。ナミアゲハ蛹化羽化編

プチ温室で囲まいつつ大きくなっているナミアゲハの子ら。ちょいちょい大人になって旅立っております。先日も2匹。

ガラスの棒に並んで前蛹になってて可愛かったの。
1.jpg
順番に蛹化
2.jpg
色も仲良く一緒
3.jpg
↓ で、後で蛹化した子は2時間ほど先に羽化(男の子
4.jpg右側は抜殻
その後、先に蛹化した左の子も無事羽化(女の子
試しにタイムラプスで羽化を撮影してみたらあまりに短くてちょっと残念だった。でも40分ほどの経過をサッと見られるのは便利。よろしかったらご覧くださいませ。

上の状態ではまだ羽がユルッとしています。その後1時間ほどで羽がピシッとしてパッサパッサと勢いよく動かすようになるので、それから庭に放してやりました。

今年はなんとキアゲハがゼロなんですよね〜・・。我が家の近所を飛んでいる姿をあんまり見かけない。。去年はいっぱいいたのになぁ。でもナミアゲハは去年よりも大勢来ている。発生に波があるのかしら。

なにはともあれ。
無事に羽化して良かった良かった☆
ニックネーム dango at 13:18| ときどき野虫の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月03日

野虫の会なの。つぶのペット編

「オレさまは誰にも内緒で密かにペットを飼っている。」
kumo1.jpg
↑ つぶサマの後ろの青い矢印のトコにいるの。。
kumo2.jpg
↑ 拡大。名前はオオちゃん。オオヒメグモの女の子(卵にくっついてます。人家やら公園やら色んなところで普通に見られるクモである。因みに巣の張り方は美しくないです。グチャグチャでいい加減に張っているように見えるの(不規則網というらしい。寿命はよく分からない・・クモは1〜3年って聞くけど、どうなんでしょう。


因みにこんな ↓ 居候もいる。
kumo3.jpg「こんにちは。」
ん?にっちゃん?
にっちゃんじゃないよ。にっちゃんの手前、看板と消火器の間にいるの。。
kumo4.jpg
↑ 拡大。名前はジョロちゃん。もう一匹いるけどやっぱり名前はジョロちゃん。まだ3mmくらいのジョロウグモの子供である。大きくなるともっと広い所に移って巣を作るんだって。だからきっとそのうちいなくなっちゃうので、居候。
因みにジョロウグモの寿命は1年で、卵で越冬するそうだ。こんなに小さいのにちゃんと秋までにでっかくなれるのかしら・・病院のミニミニガーデンに移動して大きくなってくれたらいいのになぁ。

まあ、つぶサマと共にのんびり観察してみよう。
しかし、、大雨だと心配・・どこかで雨宿りとかすればいいけど。
ニックネーム dango at 12:30| ときどき野虫の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月02日

野虫の会なの。ヒカゲの蝶らとウチの子ら

木陰がとっても気持ちのいい季節。クヌギの木の周りをせわしなく沢山の蝶が飛び回っているのを見かけますね。ヒカゲチョウの仲間達。そしてその根元ではチョウやブイブイやスズメバチが美味しそうに蜜を舐めています。
先日の公園でも。
一番沢山飛んでたヒカゲチョウの他にも、
cho2.jpgヒメジャノメ
と、↓ この子らも沢山いた、
cho1.jpgサトキマダラヒカゲ
そして、今年はとってもよく見かける ↓ この子ら、
cho3.jpgアカボシゴマダラの白化型
2匹いました。この子は女の子かなぁ、と思う。メスの方がより白いらしい。ともかくも、春に「白くて大きい蝶が飛んでる」っと思ったらまずコレであろう。
ヒカゲチョウやスズメバチやハナムグリやアリらと一緒に美味しそうに蜜を舐めていました。
cho4.jpg

そして。
実はその前の日、ヒオドシチョウというとっても綺麗なオレンジの蝶を見ることが出来たので、また会えるかな〜と狙って行ったんだけど、この日は会えなかった・・残念。(カメラ持ってると会えないんだよね。)
練馬区でも見られるんだなぁと嬉しかったし、石神井公園でも見られるらしいからチョウ散策にちょっと歩いてみるのも楽しいですね。つぶは遠くて行けないけどね。。

余談。
我が家の庭のミカンやキンカンやサンショウにもナミアゲハの赤ちゃん成育中です。
cho5.jpg食欲旺盛よ☆
ナミアゲハの幼虫の模様は濃かったり薄かったりするので観察してみよう。
cho6.jpg
何でだろう・・食べる葉っぱの色素なのかなぁ。不思議。

今年は庭のスミレがほとんど咲かなかったり葉っぱも少なかったりで、故にツマグロヒョウモンがなかなか居なくて寂しい。でもナミアゲハがよく通ったり、クロアゲハもかなり見かけるようになったし、キアゲハも直に来るだろうし。ちょっと前にはカマキリも大量に生まれて庭に小さいのが沢山いるし、今年の夏も賑やかな庭になるといいなぁ。


でもスズメとムクドリが通って来て虫食べてるんだよね・・
畑の虫だったら食べてくれると嬉しいんだけどなぁ。。複雑。。
ニックネーム dango at 02:57| ときどき野虫の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月30日

野虫の会なの。可愛い盗人ハキリバチ

数日前から我が家のハナノキの葉っぱにパンチであけたような丸い穴が見られるようになった。徐々に増えていく丸い穴。。
hakiri0.jpg穴だらけ。

去年植えたばかりの小さなハナノキ、今年はようやく新芽が出そろっていよいよ大きくなろうかという時に大事な新芽がチョイチョイ盗まれている!!
これは犯人を突き止めねば。(ドキドキワクワク

で。とある暖かい陽の午前中に見張っていると、どこからともなく小さな羽音を立ててやって来ました。
お腹のオレンジがチャームポイントの白っぽいハナバチ「ヤマトハキリバチ」。
お気に入りの葉っぱを見つけるとヒタッとくっ付き、体を軸に綺麗に丸く切り取っていく。
hakiri1.jpg
hakiri2.jpg
hakiri3.jpg
hakiri4.jpg
hakiri5.jpg
上手にお腹に抱えるとそのままプ〜ンとあっという間に上空へ飛んでいきました。
(追いかけようと試みたけど早すぎて無理でした)

スゴ〜い!カワイイ〜!!
動画も撮ってみましたのでガンパっている姿をご覧アレ♪


30分ほどの観察中、2〜4分くらいの間隔で6回くらい来ました。同じ方角からやって来て同じ方角へ帰っていくのでこの日見た子はおそらく一匹の同じ子だろう。
ヤマトハキリバチは一匹で行動する蜂で、地面に浅い穴を掘ってそこに切り取った葉っぱで筒を作り、中に集めた花の蜜を入れて卵を産んで蓋をするんだって。
見てみたいよ〜・・・材料の葉っぱはウチのカエデ使ってるんだから巣もウチの庭で作ってくれたらいいのに〜。

ヤマトハキリバチは、葉っぱを切り取る樹木を特定してはいないらしい(個体ごとには決まってるのかもしれないけど。切り取りやすくて巣を作りやすい葉っぱならいいらしいけど、なるほどカエデ類のフワッとした柔らかい新芽はちょうどいい材料なんだろうね。

ま、そんなに被害無いみたいだから、静観してあげましょう。春先にしか現れないしね。でもハナノキがつるっぱげになりそうだったら考えないとな・・・
ニックネーム dango at 12:29| ときどき野虫の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする