2016年02月17日

冬の公園探検隊

今日はジューイとn`eri歩き(注:イベントではなく普通の散歩です)。

とは言ってもオレサマは無類の乗り物好き。
全部なんて歩かない。
犬が入れないところは
P2174179.JPG超お気に入りのかばんで待機(その間ゴキゲン)。
入っていいところは
P2174180.JPG保護色になる枯葉のうえだろうが
P2174182.JPG夏を思わせる草原の中だろうがちゃんと歩くよ(?)。
公園ではいつもジューイがチェックしている数々の越冬部隊をチェック。
P2174181.JPGクワコのまゆ(さなぎで越冬)←空繭。卵で越冬するそうです。
P2174183.JPGオオカマキリの卵のう(たまごで越冬)
DSCN3504.JPGスズバチの巣・・・お母さんが作ったどろ団子(中で幼虫で越冬)
P2174184.JPGシュロの裏でじっとしているウロコアシナガグモ
(これは大きい子ですが、卵のうの中で越冬している極小赤ちゃんもいます=幼体で越冬)

そして更に・・・
いいお天気だったし、オレサマは水が大好き。
P2174185.JPG
そんなわけでちょっといただきましょうかと池を覗くと・・・
P2174186.JPGヒキガエルの卵がたっぷり!
池の周りをよーく見ると、まだお父さんお母さんもいました。
DSCN3508.JPG「さて、も一回寝よっかな」

すこし離れたところだけど、光が丘公園の池はもっと観察しやすいよ。
DSCN3491.JPGこんなにいるよ
こんなにいるけど、卵を産んだらまたひと眠り。

春から秋に比べると虫と両生爬虫類は冬には目に付きにくいけど、
ちょっと違う姿を見ることができて楽しい。
オレサマも鳥よりは怖くないからゆっくり観察してきたよ。

ニックネーム dango at 20:05| ときどき野虫の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月01日

野虫の会なの。芸術建築☆スズバチの巣再び編

近所の木々の紅葉も進んで、地面を覆う木の葉らがだいぶ増えてきました。
ら、当然木々の枝が露わになるわけで、先日そんな葉の落ちたハナミズキの枝で泥だんごを発見!
su1.jpg
スズバチの巣です!以前見つけてブロってから気がつけばもう5年も経っていました(過去ログ見てね。
いつかまた見たいと思っていたから嬉しいなぁ〜。まぁできれば作っているところから見てみたいですが。


早速ポコッと取って割ってみました。
su2.jpg全体像はこんな。
su3.jpg割ったところ。

相変わらずセメントっぽくてガッチリ重い。
サイズは幅52mm・高さ35mm・重さ67gでした。
穴は全部で4つありました。スズバチ母さん頑張りましたね。
割ったら中の穴の1つにハエトリグモが巣を作って寝ぐらにしていました。驚かしてスマンね。写真撮って蓋して庭に置いといたけど、もう引っ越しちゃったかな。

え〜、一応再度スズバチの紹介を少し。名前の由来は木の枝に鈴のような丸い巣を作るのでスズバチ(というらしい。野菜の天敵イモムシ類を狩るのでありがたい益虫でもある。スズバチ母さんは一人でセッセと作った土の巣に狩ったイモムシを運び入れ、卵を産みつけて蓋をします。子供らは巣の中でイモムシを食べながら成長し、大人になると自分で土の巣をほじって出てくるわけだ。出てくるとこ見てみたいな〜。
ニックネーム dango at 13:33| ときどき野虫の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月18日

野虫の会なの。どう見ても枯葉 編

お散歩してたら金網に枯葉が一枚引っかかっていた。ただの枯葉なんだけどなんだか惹かれて近くへ寄ってみた。
なんか・・・もしや?
ake1.jpg
椿の葉が枯れたみたいなツヤのある固そうな感じに見えた。でも裏も表も同じ模様で、上から見るとちょっと厚みが(笑
蛾だ〜☆
と、内心めっちゃ盛り上がりつつ静かに静かに写真を撮って、でも翅を広げて欲しいしちょっと捕まえて観察したいな〜なんて欲も出たりして、そ〜っと捕まえようとしたら、ヒラヒラヒラッと飛んで行ってしまった・・。
がっ、その後翅はとっても美しいオレンジ色で!キレイ〜☆
(飛んでる写真は撮れなかったんだけどさ。。
正体は、見事な枯葉姿のアケビコノハでした〜♪
ake2.jpg顔アップ
鼻先もすごい!葉柄の丸みまで見事に擬態して本当に細かい!

アケビコノハの幼虫はアケビの他にもムベも食べるしヒイラギナンテンも食べるらしいので、近所にあるから本当はもっと見かけてもいいのかもしれない。でもあの見事な枯葉姿ではそうは見つからない〜。ちなみに成虫のご飯はお花じゃなくって果汁を吸うらしい。
成虫越冬だからこの先もまだ見つけられるかも。
しばらくはちょっと不自然な枯葉に反応しちゃいそうです。
ニックネーム dango at 01:24| ときどき野虫の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月29日

野虫の会なの?またお守りを拾った編

お散歩中、道の片隅で長いお守りを見つけた。
heb1.jpgこれ。
つぶを取り囲むそれは、アオダイショウの抜け殻。再生や無限の象徴ヘビさんの見事に綺麗な抜け殻。こんなに長いのに上手に脱ぐねぇ。
heb3.jpg前会ったな。。
去年と同じところで見つけました。そして太くて長かった。もしかして同じ子だったりして。ちなみに全長134cmでした。去年見つけたのも実はちゃんと測ったら1mくらいあったのかも。(過去ログ見てね☆
heb2.jpg目もツヤツヤ。

やっぱり特異な臭いがするらしく我が家の犬どもがとっても気にしてしきりに鼻をヒクヒクしているので、今回は我が家のお庭番になってもらうことにしました。
お庭番?とは・・実は野菜畑にネズミが出没する・・そして物置の隅にネズミのウンチがあったりするので、そこにトグロを巻いて鎮座していただいた。
heb4.jpgちゃん。
まあいずれホロホロと風化するまでネズミ除けとして働いてくれることを期待しましょう。
・・って言ってももうすぐ寒くなるし野菜も作ってないしネズミも春まで来ないね。
ニックネーム dango at 01:29| ときどき野虫の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月22日

野虫の会なの。ハラビロカマキリは名ハンター編

じつは我が家のグリーンカーテンにはヘチマが一株ある。それはキュウリ苗購入時に誤って購入してしまったヘチマ。
ヘチマなんてあってもショウガナイ・・と何の期待もしてなかったのですが、実はヘチマの花って大きくって虫が沢山訪れて面白い。なんだか嬉しい発見です。
ウリハムシらはもちろんですが、アリを筆頭にミツバチやらクマバチやらセセリチョウやドウガネブイブイやスズメバチや、とにかく色々賑やかです。

そしてそんな花の周りをブンブン飛び交うセセリチョウとそれを狙うカマキリ一匹。と、つぶサマ。
kama1.jpg「あ、カマキリだ〜」

kama2.jpg「見つけないでよっ」
実はこのカマキリもう5日ほどこのヘチマの花の周りにいます。ヘチマの花は1日で萎れちゃうのでそれに合わせて少しずつ移動してます。
ヘチマの花は大きいので虫も来るし姿も隠せるしいい餌場のようです。パッと見ヘチマの雌花に見えなくもないし。観察してると小まめに小さいハチとかハムシとか捕まえてます。

そして先日チョ〜大物ゲット!!
大きい蛾を頭からモシャモシャ食べてます!怖いよぅ。
kama3.jpg「美味いわ〜♪」
よく庭のサルビアに来ているホシホウジャクと思われる。
ワタクシの頭上で食べてるのでホウジャクの羽がハラリハラリと落ちてきました。
kama4.jpg「邪魔しないでヨ」
よくぞまあこんな大物を。
スゴイね〜・・ホバリングして蜜吸ってるところを狩られたんでしょうね。。
(ゲットしたところは見られなかったです。

お腹が大きいからウチの庭で卵産んでくれると良いなぁ。楽しみだ。
ニックネーム dango at 23:08| ときどき野虫の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする