2016年11月16日

野虫の会なの?ヒバカリと大将の子供 編

昨日の東京は11月にしてはかなり暖かかったです。そんな日和だからでしょうか、夕方、我が家の近所をのんびりお散歩してましたらば、足元にミミズ・・。
かと一瞬思うほどの小さな黒いソレは、
h4.jpgちゃん☆
ヘビ〜!カワイイよ〜!!

あまりの可愛さに拾ってきちゃった☆
長さは15〜18cmほどしかないのです。
h1.jpgこんなに小さいの。
でも持ってみたら当たり前だけどちゃんとヒンヤリしてるし、イッパシにワタクシの指を体でギュウって締めてくるし、チロチロ舌出して威嚇するし、ヘビです。
h3.jpgニョロニョロ。
アオダイショウのものすごい小さい子だと思ってらどうやら違った。
どうも「ヒバカリ」というヘビの子らしい。うちの近所にはアオダイショウくらいしかいないかと思ってたので新鮮。実は今年の6月にもう少し大きな幼体に出会っていました。これは確実に大将の子・40〜50cmくらいの網目模様のヘビが桜の木にくっついてたのです。
h5.jpgこの子。
綺麗な網目模様がカモフラージュになって目立たない。


ちなみにおかしな名前の「ヒバカリ」の由来は、昔は毒蛇だと思われていて「噛まれたら命がその日ばかり」ということなんだって。本当は無毒でおとなしいヘビだそうです。大人になっても50cmとからしいから、アオダイショウに比べるととっても小さいですね。
・・しかし今回のこの子は・・小さすぎる。そして可愛すぎる。、
生まれたて・・?この時期に??こんなに小さくて冬越せるのかしら。。ちょっと不安ですが、飼うのはもっと不安なので家の庭に放してみました(うちの近所で拾ったんだしそこは大丈夫だろう。
カエルとか食べるらしいけどまだ無理だろうし・・・。ま、とりあえず虫も沢山いるし、縁の下とか物置の下とか鉢の下とか隠れる所も沢山あるし、柔らかい土もあるし。生き延びれるかな?家の庭に住み着いてくれたら楽しいけど、ヘビがいると小鳥が来なくなるそうなのでそれはカナリ寂しいなぁ。

ともあれ、無事に冬を越せることを祈る。
h2.jpg「オレも祈ってる。。」

ニックネーム dango at 02:55| ときどき野虫の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月20日

野虫の会なの。どこまでも葉っぱなアカエグリバ編

過去にアケビコノハという枯れ葉をご紹介しました。

今度はこれ:PA168600.JPG「枯葉じゃないよ、蛾だよ」
つぶと同じ赤いボティ!つぶと同じ枯葉に擬態?!(こちら参照)
「いるべきところ間違えてるんじゃない?」と思いますが、
この石垣には結構枯葉が引っかかっています。なので大丈夫(?)。
アカエグリバという蛾です。
PA168602.JPGちゃんと顔あるよ。PA168597.JPG
蛾の擬態ってスゴ過ぎです。
このおかたには代々木近辺で遭遇したのですが、これで思い出したことが。
ひと月前に近所の白子川沿いでヒメエグリバの幼虫を見ました。
こんなの:P9057423.JPG
色が目を引いたので覚えていました。

目立ったり目立たなかったり忙しい人生なかたがただけど、
どちらの姿も芸術的です。

なんか蛾ネタが続いてしまいました。
ニックネーム dango at 09:38| ときどき野虫の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月12日

野虫の会なの。キレカワ!ウコンカギバ終齢幼虫〜成虫へ

このブログで開催のお知らせをしている光が丘公園探鳥会ですが、
9月の会(22日)は雨天により中止となってしまいました。
そうはいっても集合した人たちは雨の中とっとと探鳥開始。
DSCN4919.JPG←集合場所横の噴水池にカワセミが。
DSCN4927.JPGバードサンクチュアリの池にはコガモが来ていました。

そして柱におかしな物体が。
P9227828.JPG??
P9227822.JPG「あたしはウコンカギバ。」
ウコンカギバという蛾の終齢幼虫です。
バードサンクチュアリはたくさんの木々に囲まれています。
この雨風で落ちてきてしまったのかもしれません。
でも、ウコンカギバは木の葉の上でさなぎになる種類。
そのためか、一生懸命鉄の柱を登ってゆきます。
天候も天候なので、雨のしのげる場に移し、
食草と思われるアラカシとシラカシの葉を与えて観察を続けました。

すると、その日の夜、
P9227835.JPGシラカシの葉に糸をかけるウコンカギバ。
P9227843.JPGどんどん糸を足していくウコンカギバ。
P9227846.JPG時々船底型に寄せた葉の具合を確認するように頭を糸にくぐらせるウコンカギバ。
P9237873.JPGそして頭とおしりの向きをひっくり返し、じっとするウコンカギバ。
そこから24時間後、
時々頭を上げて体の位置を整えているようでしたが、とうとう脱皮し
P9237884.JPGこんなきれいなさなぎになりました!
その過程を捉えましたので、動画でご覧ください:


P9257939.JPGこのまま待つこと9日・・・(注:となりはヤマトシジミのさなぎ)。
PA028157.JPG10月2日の未明に無事羽化しました。

ウコンカギバの幼虫は、アラカシ、シラカシのほか、コナラやクヌギも食べるそうです。
近くにこれらの樹があったら、ぜひ、探してみてね。
ニックネーム dango at 19:31| ときどき野虫の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月28日

野虫の会なの。カブトムシと出会う編。

お散歩中にカブトムシと出会いました。
0.jpg
すご〜い!カッコイイ〜☆

練馬なんか田舎だからいっぱいいるじゃん〜と思っている方、お散歩中に出会うことなんてまずありません・・って言うかワタクシが近所でカブトムシと出会ったのは数年前に我が家を訪問してきたカブトン以来です。(詳しくは過去ログ「甲虫王者カブトムシ編」を見てね☆

お散歩中カメラ持ってなかったからウチまで一緒に帰ってもらって、早速にっちゃんと御対面〜。
1.jpgニチ「?」
2.jpgカブ「な・なんだこのデカイの」
3.jpgカブ「お・・俺は強いんだぞ。」
ロコタンは怖がって近づきませんでした。にっちゃんもクンクンしたけど興味なかったです。

そしてキューピー頭のつぶ様。
5.jpgカブ「お?こいつなんかツノがあって似てるぞ」
6.jpgカブ「よし。こいつのツノをへし折ってやる」
7.jpgカブ「こっそり近づいて・・」
8.jpgカブ「よっしゃ!やったぜ」

つぶは全然気がつきませんで・・でも顔の方まで来たらさすがにビックリして嫌がってたので、これにて撮影終了〜。
カブトムシくんはお嫁さんに出会えそうな公園に連れて行ってお別れしました。いい子に出会えるといいね〜。
ニックネーム dango at 00:20| ときどき野虫の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月15日

予告☆ときどき本気で野虫の会in光が丘公園☆日本野鳥の会東京主催

年に2度だけのスペシャルイベント。
もちろんジューイも参加します。

夏の昆虫探検隊
とき  7月18日(祝)9時〜12時(予定)
ところ 光が丘図書館前広場集合
持ち物 帽子 水筒 虫除け 雨具 参加費200円(保険料込)

夜の鳴く虫探検隊
とき  8月13日(土)16時30分〜20時(予定)
ところ 光が丘図書館前広場
持ち物 水筒 虫除け 雨具 懐中電灯 軽食 参加費200円(保険料込)

個人的には長袖長ズボンがおススメです。
服の上から虫除けをつけておきましょう。
ウチワも虫除けに効果的です。
昆虫採集は行いません。私は毎回双眼鏡も持参します。
たくさん動物を観察しよう!
ニックネーム dango at 09:35| ときどき野虫の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする