2012年01月17日

野鳥の会なの。キャンベルタウン編

埼玉県越谷市にある公園「キャンベルタウン・野鳥の森」へ行ってきました。
(ツブはモチロンお留守番です。
t1.JPGコレ外観。
入口の建物の奥に大きな網状のテントがある。入場料は100円。
入口で出迎えてくれたのはオーストラリアガマグチヨタカのガマちゃん。
t2.JPG木みたい。
大きめな網のテントの中にオーストラリアに生息する野鳥が放されています。テントに入る手前のケージにはワラビーとエミューがいました。植えてある樹木もオーストラリアのもので雰囲気出してます。

さっそく中へ入ると、キンカ鳥がスズメの群れのようだったり、オカメインコが群れてたり。
t3.JPGキンカチョウ砂突き中。
t4.JPGオカメインコ休憩中。
そしてワタクシのお気に入りはコイツだっ ↓↓
t7.JPG
オーストラリアイシチドリ(大きくってナカナカ動かない千鳥)。数羽で群れてました。
動きが「だるまさんがころんだ」みたいで面白いし、ジッとしてると思ったら突如甲高い声を出して、公園の外をウォーキングしている人に全員で警戒音を発してました(因みに真っ赤なジャージを着ている2人組みでした。
あとはブロンズトキとか、スグロトサカゲリとかが歩いてたり、レンジャクバトやナナクサインコが飛んでたり。大きなオウムはケージに入りっぱなしでちょっと残念でしたが。

スグロトサカゲリのパーシー君。足怪我してるけど元気。
t10.JPG
テンニョインコが芝生を食べてた。
t5.JPG
ビビットカラーはキンショウジョウインコの雄。
t6.JPG
規模は小さいけど楽しさは大きかった!100円はお得だな〜。
オーストラリアに行くとこういう感じなんでしょうねぇ、やっぱり自然体っていいっすね。
と、感慨深げにオーストラリアの空に思いを馳せつつ(?)最後に金網越しにワライカワセミにご挨拶をして退散しました。
t8.JPGケケケ(^-^
興味のある方は可愛いHPをご覧あれ。
http://www2.ocn.ne.jp/~yacho/

ニックネーム dango at 14:30| ときどき野鳥の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月10日

野鳥の会なの。ワカケホンセイインコ編

年末に木守り柿を美味しそうに食べている緑色の鳥に出逢った。
シルエットだったけど、それ以前に「ギャーッ」「ギョッギョエッ」という汚い鳴き声でソレと分かってしまう帰化鳥、ワカケホンセイインコである。
見かける時はいつもツガイです。仲良し。

で、今年に入ってまた見かけました。
頭上を「ギャギャッ」と言いながら飛んでたの。鳴き声で直ぐに発見できるので楽といえば楽か。
おかげで写真撮影も成功〜☆
(といっても安物デジカメですので限界はあるが・・
waka.JPG
ドコゾでご飯を食べてきたのか、のんびり日向ぼっこ中です。
やっぱりツガイでいる、仲良し。男の子は首に黒い輪があって女の子は輪が無いのだ。
彼等(とくに男の子)を見るとどうしたってキアゲハの幼虫に見えてしかたないんだよ、なんとも不気味で可愛く美しい鳥です。
が、やっぱり帰化動物が増えるのはいかんよねぇ。。(いかんけど見かけるとチョイ嬉しいんだよねぇ。。
ウチの近辺でもカナリ前から見かけますが、増えてないみたい。年に1〜2回見る程度。他の鳥とバランスよく暮らせちゃってるんでしょうか。いずれ駆除に乗り出すことになるんでしょうかねぇ。。
ニックネーム dango at 10:49| ときどき野鳥の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月10日

野鳥の会なの。コカモ編

tori-koga2.jpg
コカモといっても子供のカモではなく。
小さいカモ。
tori-koga1.jpg
留鳥化しているカルガモ君たちよりも一回り小さいです。シックな色合いで地味めですが、オスは目の辺りがラメラメグリーンでかっこいい。
ここ数年は冬から春にかけて見かけます。(いつも居る訳ではないので、どこか近所の公園から通っているものと思われる。石神井公園か光が丘公園か、、ってトコでしょうか。
今年はカワセミ君も5回ほど見られたし、きっとウチの近所も少しはキレイになっているんだろう。
コカモ君らは警戒心が強いのか、カルガモ君やオナガガモ君やマガモ君らと違って人が殆ど通らないような川っ縁りの隅でひっそり過ごしておりました。
また時々そぉっと覗いてみよう。
ニックネーム dango at 14:41| ときどき野鳥の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月01日

野鳥の会なの。カルガモ母さんvsコサギ編

関東も早々に梅雨入りしちゃいましたが・・
お散歩中に大家族カルガモ親子に遭遇しました。以前見かけた大家族だと思われます。13羽の子ガモらはちゃんと揃って元気に泳いでいました。
12-4.jpg
懸命に浅い川を遡上している仲良しカルガモ一家です。


12-1.jpg
草叢でエサを突っつく子ガモと、それを見守るお母さん。
12-2.jpg
と、そこへ真っ白な黒い影が忍び寄る・・・
12-3.jpg
母「ウチの子に近づくんじゃないわよッ」
母強し。口開けて怒ってます。

コサギ君はびっくりして慌てて飛び立ちましたが、少し離れた所に降りてナニクワヌ顔で餌を探してました。可愛くてちょっと笑えた。
コサギ君は別にチョッカイ出したわけじゃなかったんだけど、近づきすぎて怒られちゃいましたね。
がんばれカルガモ母さん。
ニックネーム dango at 11:42| ときどき野鳥の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月25日

野鳥の会なの。カルガモ親子2011編。

今年もお散歩コースの白子川でカルガモ親子を発見しました。
お母さんカモと6羽の子ガモ。
tori-koka0516.jpg5月16日
tori-koka0519.jpg5月19日
tori-koka0520.jpg5月20日
tori-koka0524.jpg5月24日(写ってないけど6羽いた。
5月14日に発見後、日々チャクチャクと成長しています。
カラスやアオダイショウに食べられちゃわないといいけどなぁ。
ここまで大きくなれば大丈夫かな。


そしてもう1組、なんと13羽の赤ちゃんとお母さんを発見しました。(バッテリー切れにより写真は撮れず。
が・・・さすがに13羽は多いよ、、淘汰されていってしまうんでしょうね。。
でもっ。成長が楽しみです。温かく見守っていきたましょう。
ニックネーム dango at 19:19| ときどき野鳥の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする