2016年10月05日

仕事場周辺の今 2016初秋

夏の終わりから雨が多くてイベント化できなかったけど、
9月はこの辺りも秋の渡りの鳥たちで賑わっていたよ。

昨年の冬頃からジューイが来る人来る人に話していた
一番近くの緑地で予定されていた超高級トイレとテラスを作る工事は、
この新聞記事がきっかけで延期になってくれたらしいと聞いているよ:
http://www.tokyo-np.co.jp/article/metropolitan/list/201604/CK2016040602000202.html
おかげで今までどおりに昆虫観察やクモ観察を満喫できました
(もちろんオレサマはカバンの中から)。
大規模な工事や建物の建設がこのまま中止になってくれると
小さないきものたちの平和が続くだろうな、と思うけど、まだ協議中みたいだよ。

虫クモ観察が続く中、だんだん秋の渡りの鳥シーズンも被ってきて、
上も下も右も左も観察対象があって動物好きにはたまらない。
芋虫を食べながら渡るツツドリも来ていた、ということは・・・
色々な芋虫が、大きく、美しく、プリプリに育っているよ
(芋虫の写真は最後にリンクで添えます:モンクロシャチホコ、オオミズアオ、シャチホコガ)。
DSCN4624.JPGDSCN5160.JPG
先月はオオルリ、エゾビタキ、コサメビタキなどなどがやって来ていたし、
今月に入ってからはモズがたくさん高鳴きしている。
DSCN5198.JPGカケスも来ていたよ。
上空にはタカのなかまが飛んでたりしてかっこいい。これも南へ渡る途中だよ。

オレサマはこの辺を毎日パトロール中だけど、たまには光が丘公園へ行っているよ。
P9277996.JPG(←バードサンクチュアリへは人の少ない平日にお邪魔しました。)
秋の光が丘公園探鳥会は先月は天候で中止になり、
そうは言ってもみんな勝手に観察を開始し、
バードサンクチュアリで雨をしのぎながら楽しんでいました。
そのときに遭遇したオモシロ芋虫「ウコンカギバ」についてはまた後日。
10〜12月の開催も楽しみだ(モチロン虫より鳥がメインになってきます)。

もうすぐ冬の間滞在してくれる鳥たちもやって来るので、
天気が安定したら開催予定の「n'eri'歩き」にぜひ参加してね。
こちらは近所の緑地を歩きます。


P9127520.JPGモンクロシャチホコ
P9237862.JPGオオミズアオ
DSCN5142.JPGシャチホコガ

ニックネーム dango at 11:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする