2015年09月22日

野虫の会なの。ハラビロカマキリは名ハンター編

じつは我が家のグリーンカーテンにはヘチマが一株ある。それはキュウリ苗購入時に誤って購入してしまったヘチマ。
ヘチマなんてあってもショウガナイ・・と何の期待もしてなかったのですが、実はヘチマの花って大きくって虫が沢山訪れて面白い。なんだか嬉しい発見です。
ウリハムシらはもちろんですが、アリを筆頭にミツバチやらクマバチやらセセリチョウやドウガネブイブイやスズメバチや、とにかく色々賑やかです。

そしてそんな花の周りをブンブン飛び交うセセリチョウとそれを狙うカマキリ一匹。と、つぶサマ。
kama1.jpg「あ、カマキリだ〜」

kama2.jpg「見つけないでよっ」
実はこのカマキリもう5日ほどこのヘチマの花の周りにいます。ヘチマの花は1日で萎れちゃうのでそれに合わせて少しずつ移動してます。
ヘチマの花は大きいので虫も来るし姿も隠せるしいい餌場のようです。パッと見ヘチマの雌花に見えなくもないし。観察してると小まめに小さいハチとかハムシとか捕まえてます。

そして先日チョ〜大物ゲット!!
大きい蛾を頭からモシャモシャ食べてます!怖いよぅ。
kama3.jpg「美味いわ〜♪」
よく庭のサルビアに来ているホシホウジャクと思われる。
ワタクシの頭上で食べてるのでホウジャクの羽がハラリハラリと落ちてきました。
kama4.jpg「邪魔しないでヨ」
よくぞまあこんな大物を。
スゴイね〜・・ホバリングして蜜吸ってるところを狩られたんでしょうね。。
(ゲットしたところは見られなかったです。

お腹が大きいからウチの庭で卵産んでくれると良いなぁ。楽しみだ。

ニックネーム dango at 23:08| ときどき野虫の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月16日

彼岸花が見頃☆

病院の近所のもみじ山憩いの森では今月上旬から彼岸花がニョキニョキ顔を出し始めまして見頃を迎えております。
hig1.jpg

hig2.jpg

白いのもちょこっと咲いてる。
hig5.jpg

↓入口付近の日当りの良いところは咲き進んじゃってますけど公園内はまだまだツボミがでています。
hig3.jpgニッちゃんとつぶ

キンモクセイも今月中旬に入って香ってきましたし、お散歩してると良い香りです。
hig4.jpgこれはセンニンソウ
センニンソウも甘い香りで虫と人を誘います。
コムラサキシキブの実の色も紫が深くなって来て綺麗です。
hig7.jpg

萩も咲いてるしススキの穂も開きだしてお散歩コースも地味〜に賑やかになりだしました。
秋のお花は一見地味だけど、虫の声と相俟って情緒があっていい感じです。

hig6.jpg庭の彼岸花も満開だ

ニックネーム dango at 18:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月14日

ときどき本気で野鳥の会☆光が丘公園秋の探鳥会!

日本野鳥の会東京主催、光が丘公園秋の探鳥会は全4回。
(そうは言っても後半は冬ですね。)

とき 9月19日(土)
   10月24日(土)
   11月23日(月・祝)
   12月23日(水・祝)
ところ 図書館前広場に午前9時集合
持ち物 参加費200円(保険料込)、あれば双眼鏡

秋の渡りから冬鳥の渡来を楽しめます。
季節の変化を動物たちから感じよう!
ニックネーム dango at 00:00| ときどき野鳥の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月10日

台風の晴れ間

長々続く不安定なお天気に加えて、昨日今日は台風18号の豪雨でグッショリの練馬でしたが、9日は夕方2回くらいお陽さまが出ました(雨は降ってました。
短い晴れ間ではありましたが2回の晴れともに、何とも綺麗な橋型の虹が見えました。しかもオスメス2重のはっきりとした美しい虹で。
niji.jpg
思わずつぶサマも外に出てほれぼれ。
つぶとカメラを準備してたら外側のメスの虹が消えてきちゃって残念でした。
プチ虹雑学は過去ログ「つぶサイズの虹」をぜひ見てね☆

因みに10日も夕方ちょろっと陽が差して、またも綺麗な虹が見えました。関東も東北も水浸しで沈んでしまって大変だけど、そんな時でも虹は綺麗ですね。。

取り敢えず、明日は待望の晴れだ。
つぶとみんなとお散歩に行こう。
(30℃くらいになって蒸し暑いらしいけど。。
ニックネーム dango at 23:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月04日

野虫の会なの。キラキラ枯葉な蛹化と逆らえぬ敵編

今年は春先にツマグロヒョウモンが全然来なかったので寂しかったんですけど、夏に入って続々とやってまいりました。
ここのところはず〜っと雨で涼しい日が続いていたので蝶の飛来があまり無いですけど、その間も足下ではツマグロ赤ちゃんがチャクッと成長しておりまして、気付けば庭のスミレは食い尽されてつつあります。

しかしこれだけ沢山の幼虫がいるのになぜか今まで一度しか蛹を見たことが無い。それが悔しかったので、先日数匹を網で囲って観察してみました。

ある朝網から脱走している子を発見。戻そうとしたところ、よく見ると逆さまになって前足が浮いている!!これがツマグロヒョウモンの前蛹体型なのですね。
tsuma1.jpg
お尻がチョンとくっ付いているだけで何とも危なっかしい。が、愛らしい。
夕方もう一度見たら綺麗な蛹に変身していました。
tsuma2.jpg
幼虫の時同様トゲトゲですが枯葉色。よく見ると、頭の方のトゲトゲは白・・ではなく、銀色。キラキラ光る点々が綺麗です。風が吹くとゆらゆら揺れてすっかり枯葉みたいです。


いくら枯葉に似ていても全く見つからないのはどういうことよ・。と庭を散策していると、肩越しをプ〜ンと行き過ぎるセグロアシナガバチ。
一枚一枚葉っぱの裏を丁寧に探している。かなり念入り。
そうして急にスミレの葉の裏にススッと入って出てきた時にはアゴにワリと大きなツマグロくんの幼虫が!
狩られましたか。。どうせ狩るならザクロについてるシャクちゃん(尺取り虫のこと)を狩ってくれよ、と思ってしまうのだが、じつはシャクちゃんも結構狩られているようです。

で。そのまま観察に入る。
ツマグロくんの幼虫を銜えて足場の安定した所に着地したアシナガバチくん。降りたと同時に肉団子作り開始です。見ているとどうも内臓ではなく表面の皮と筋肉?を団子にしているようで、じょじょに黒い部分が剥かれていって抱え込むようにアゴと前足で団子に。

ashi1.jpg

ashi2.jpg

ashi3.jpg

ashi4.jpg

ashi5.jpg

この間5分。完成するとアゴに銜えてブーンとお空の彼方へ。
塀の上には幼虫の緑色の内臓が残されました。
ashi6.jpg残骸
全部残さず喰えよ〜・・暫く待ってたけど残りは取りにこなかったよ。。そういえば内臓とウンチの色は一緒でスミレの葉の色なんだねぇ。。

で、枯葉のような蛹は結局8日後に見たら脇っ腹に2個穴が開いてました。こちらは寄生蜂にやられました。
でもその隣にもう1つあった枯葉くんは10日後に無事羽化☆
tsuma3.jpg

寄生蠅やら寄生蜂やらアシナガバチやら何やら、敵は多いががんばれツマグロくん。
まあ一番の敵は食糧難かもね。。今年は例年に比べて出没が遅くて初夏からだったから足りると思ったんだけどねぇ。(誰かスミレくれぃ。
ニックネーム dango at 11:18| ときどき野虫の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする