2014年08月31日

2014年7.8月のおともだち

ミシシッピアカミミガメのカメオカちゃん
kameoka1-thumbnail2.JPGkameoka2-thumbnail2.JPG

チンチラのmelちゃん
s-mel1-43f7b-thumbnail2.jpgs-mel2-thumbnail2.jpgs-mel3-thumbnail2.jpg

コザクラインコのピーコちゃん
s-piii1-thumbnail2.jpgs-piii2-thumbnail2.jpg

ゴールデンハムスターのごまもちちゃん
s-goma1-b79f7-thumbnail2.jpgs-goma2-cd5cb-thumbnail2.jpgs-goma3-87a8d-thumbnail2.jpg

セキセイインコのピーちゃん
s-pii1-thumbnail2.jpgs-pii2-thumbnail2.jpg

ニックネーム dango at 00:00| 病院に来たおともだち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月25日

野虫の会なの。続々々・キアゲハ子ら編 羽化その2

羽化の完全観察で来ました☆しかも2匹も☆フフフ〜♪
uka.jpg羽化後の子ら
そして羽化の瞬間はとっても可愛かったので。ちょっと羽化の続編、お付き合い下さい。


これは出る直前の蛹です。
uka0.jpg
もう本体と蛹の間に隙間が空いています。目とお尻の部分の隙間がよく分かりますね。
そしてたま〜にフルフルッと体を震わせていました。

そして。ペリッ・・ペリリッ・・と音を立ててついに
uka1.jpg「よいしょっ」
っと前足で蛹の前面の蓋を押開けるように出てきました。
uka3.jpg
uka4.jpg
uka5.jpg
uka6.jpg
ここまで1分。スルッと出て来る。
そして蛹からお尻が出る前に空っぽの蛹の中におしっこをジョ〜ッて出しちゃいます(要らない水分なんでしょう、外に出てからもチョイチョイおしっこ飛ばしますが、それほど出ては来なかったです。

まだお腹がデブデブですが、羽に体液を流し込んでいくに連れ、前翅・後翅と羽が伸びてくるのと平行して少しずつ痩せます。

30分もするとほぼ綺麗に羽が伸びます。
uka7.jpg
あ〜・も〜・すごいですね。あんなにシワシワでコンパクトに畳んで仕舞われていた羽がこんなに綺麗に伸びてしまうなんて。本当に素晴らしいです。神秘です。美しい。
感動いたしました。



ここでちょっと知ったかぶり雑学☆
蝶の舌(口吻)は一本じゃないって知ってた?
実は最初は2本なのでした!
下の写真をご覧あれ。
uka-kuchi.jpg
一本は口元に綺麗に丸まっているけれど、もう一本は足に引っ掛かってます。何度かクリクリ調整して二本とも綺麗に揃えて口元に持っていっていました。この後くっ付いて一本になるそうです。
蝶の舌はもとは幼虫のアゴ。なので初めは二本あるんだって。なるほど〜・スゴイね〜。


さらに今回見られた2匹がいい具合に男の子と女の子だったのでその違いをご紹介。
まずこの子らは夏型ですので、色はメスの方が濃くて大きめ、オスの方が薄くて小さめ、です。
そしてとっても分かりやすいお尻の写真。
メスのお尻は丸っこくてちょっと上向いてる
uka-mes2.jpg側面
uka-mes1.jpg腹面
オスのお尻は尖ってて下向いてる
uka-osu2.jpg側面
uka-osu1.jpg腹面


や〜。いいもの見られました。早起きは三文の得ですね。
キアゲハくん、充実の朝を有り難う。
ニックネーム dango at 22:49| ときどき野虫の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月21日

夏水仙は甘い香り

8月に入り庭の夏水仙の蕾が地中からにょきにょき顔をのぞかせはじめ、今が一番の盛りとばかりに咲き誇って甘い香りを漂わせています。ココロナシか夜の方が香りが強く感じます。
natsu2.jpg優しいピンク色
ヒガンバナ科です。ヒガンバナと同じで葉と花が別々に出てきます。(過去ログで葉が出てる5月の写真出てましたな。
春先は緑の葉がピンと伸びて綺麗ですが、だんだんとだらし無く汚くなってくるのはやっぱりヒガンバナと一緒なのである。そしてその汚い葉が全て枯れると(邪魔なのである程度すると切っちゃったりもしますが、彼岸花よりも太くて大きな蕾が出来ます。

今年はとっても綺麗に咲いてくれたので、つぶにも見せてあげました。
natsu1.jpg舐めてみるかな。
舐めても美味しくないけどね。。

近所の公園・清水山憩いの森では同科のキツネノカミソリも見頃を迎えております。
natsu3.jpg
綺麗です。
犬連れで見に行きたい方は抱っこして入りましょうね。
natsu4.jpg

来月にはヒガンバナ科の大代表・真っ赤な彼岸花も庭に彩りを与えてくれる、ハズ。
でも今は。
まだまだ暑い夏ですし。涼しげな淡いピンクの夏水仙をじっくり楽しみたい。
ニックネーム dango at 10:19| わが家のお花や近所のお花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月19日

野虫の会なの。続々・キアゲハの子ら編 羽化

いよいよその時がやって参りました〜。
美しい羽を広げて空へと舞い上がるのです。

蛹になって9日目と3時間のがん子ちゃんです。
gans1.jpg
この1時間くらい前から蛹の色が変わって中が見えはじめました。

さらにその3時間後のがん子ちゃんです。
gans2.jpg
蛹の下の羽模様がくっきりして、蛹の形が鳩胸っぽくなりました。

さらにその5時間後のがん子ちゃんです。
gams3.jpg
蛹のスタイルがキュキュッとスマートになって、腹の筋が伸びたカンジになりました。いよいよでしょう、夜明けを待ちます。

そしてそして〜!
その5時間後、朝8時に無事羽化☆
gans4.jpg
美しいです。蛹になって9日と16時間くらいで羽化しました。
出たてでお腹がデブ。この後おしっこをピュ〜っと出しましたよ。

羽を広げた姿は黄色が鮮やかで水彩画のようです。
gans6.jpg

実はそれと全く同時にミラクルちゃんも羽化。
gans5.jpgミラクルちゃんは割り箸なの。
嬉しいな〜。ダブルで。
だが実はダブルで・・・羽化の瞬間を見逃しました・・・。あまりに眠くてウトウトしてたらパパッと出ちゃってた。くっそぉぉぉ〜!
ナゼ?ナゼに肝心な所で??あまりに朝に弱いワタクシ。。自分を恨みまする。

羽化後のがん子ちゃん達を庭の花の側にそっと移したところ、2時間ほどジッとして羽をしっかり伸ばした後、フワリと旅立っていきました。
成虫の寿命は2週間〜長くて5週間くらい。
いいお相手を見つけて沢山卵を産むんだよ〜。里帰りしてくれてもいいのよ〜。


そして。
翌日やはり朝8時頃スマートくんも羽化しました。羽がシワシワの所から見てましたが羽化の瞬間をまた見逃してしまったのだった。。
うぬ〜・・またしても。。朝に弱すぎのワタクシ。。。
だがまだチャンスはあるのですっ!
温室の上部(みんな似た様なトコで蛹になる)の沢山の弟妹蛹達がいる!
sanagi.jpg
12匹の蛹達。一匹くらいはじっくり見てみたいですな。


因みに蛹の色は3タイプ。
ベージュと黒茶のシックな木目調タイプ
sanagi2.jpg
ややくすんだ黄色タイプ(コレが一番多かった
sanagi1.jpg
黄みがかった緑色タイプ
sanagi3.jpg

写真の蛹は蛹化から5日ほど経過したものです。どの蛹も蛹化した直後はどの蛹も優しい感じの黄色で綺麗でした。翌日もまだ出来立て感があってつるりと美しい印象。その後徐々に各色に変わっていくのが楽しみでした。今度の蛹は何タイプかな〜とか。



がん子ちゃんとその弟妹達は、ものすごい勢いで食べてガンガン成長して最短で大人になった気がします。いわゆる夏型といわれるキアゲハ。
蛹で越冬して春の初めにワタクシ達の目に留まる少し小振りな蝶達は春型といわれます。全体的に色が薄くて小さめで動きも活発ではないそうです。厳しい冬を乗り越えてきたからなぁ。
そしてその子供らや孫ら(と呼んでいいものか分からぬが)が、がん子ちゃん達夏型なんですね。色が濃くて大きい。確かにイモムシの時からムッチムチだったしな・・・。

そして。
今また新たに小さな2匹のキアゲハの幼虫を保護しておりますが、この2匹の成長は明らかに遅いです(卵から孵って15日経ってようやく終齢幼虫(とっても小さめ。気温の変化とかで成長過程を調節するんだろうねぇ、すごいなぁ。
でもまだまだ暑いし夏型なんだろう、と思う。ゆっくり成長を見守ろう。
ニックネーム dango at 18:01| ときどき野虫の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月14日

お盆は里帰り?

tsu3.jpg
オレさま今日は実家でのんびりくつろぎ中。

オレさまの里はもちろん獣医の実家。
・・・いつも来てるじゃん。

でも今日のオレさまはちょっと違う。
ロコタンがボールでハッスル中もオレさまは動かない。
tsu1.jpg

tsu2.jpg
いつもは部屋の隅っこにどいてやったりするんだがな。だってお盆で里帰りだからくつろがないとな。(まぁ夜は自分のうちに帰るけどな)


東京のお盆は7月だからもう終わってるんだけど。。

ニックネーム dango at 12:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする