2014年06月30日

2014年4〜6月のおともだち

ホルスフィールドリクガメのナチュ吉ちゃん
s-nachu1-thumbnail2.jpgs-nachu2-thumbnail2.jpgs-nachu3-thumbnail2.jpg

ジャンボセキセイインコのピヨちゃん
s-piyo1-thumbnail2.jpgs-piyo2-thumbnail2.jpg

オカメインコのくうちゃん
s-kuu1-03b69-thumbnail2.jpgs-kuu2-3f8e8-thumbnail2.jpg

フクロモモンガの旦那さんちゃん
s-danna1-thumbnail2.jpgs-danna2-thumbnail2.jpg

セキセイインコのメイちゃん
s-mei1-thumbnail2.jpgs-mei2-thumbnail2.jpg

ニックネーム dango at 00:00| 病院に来たおともだち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月21日

大きいつぶと小さいロコタン

roko1.jpg
「ロコタンが小さくなっちゃった」
roko2.jpg
「あ、大きくなった。」

正体はこちら。
roko3.jpg
ペーパークラフトです。

ロコタンにそっくりのチワワのペーパークラフトを見つけたのでさっそく作成。青いバンダナを着ければロコタンの完成です。
このペーパークラフトはキャノンさんのクリエイティブパークに載っています。結構お気に入りページなのだ。
他にも、動物はもちろん建物や乗り物や昆虫やその他色々なペーパークラフトがあって見てるだけでも意外と楽しいです(でも残念ながら甲斐犬とブリュッセルグリフォンとチンチラは無い・・病院に来てくれる動物くん達がみんなあると作りがいがあるし嬉しいのになぁ。いつか出てくるのを期待。

病院にも怪しげな動物クラフトがこっそり置いてあるので気付いた人もいるかも。来院したとき見渡してみてね(色んな物置いてありすぎて分かりにくいかな。。
ニックネーム dango at 01:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月15日

煌めく円盤と黄色の短冊

大変です。
トマトが黄化葉巻病になってしまった。成長点の葉がチリチリクルクルなるの。その一本は諦めて先日ゴソッと抜いて処分しました。他の株に広がってないといいんですが。
原因はシルバーリーフコナジラミなる輩がウイルスを持ってくるから。つまり発病株を処分しただけじゃ駄目なのね〜。

ってことで。
「ピタットトルシー」出撃だ!!
cd2.jpg
黄色の粘着シートです。即行買って来て畑に装備しました。
シルバーリーフコナジラミには成長点近くにぶら下げるのがいいらしいんだが、いかんせん、葉に付く・支柱に付く・頭に付く!ナカナカの粘着力である。なので、チョウとかテントウムシとかカマキリ(先月庭で孵ったちびっ子たち)とかクモとかがくっ付いちゃうかもとそれが心配である。
でもトマトの実もチャクッと大きくなってるし、守らなきゃね。
cd3.jpg心配そうなつぶサマ
ついでに普通にアブラムシも増えてきたので、アルミホイルと捨てディスクでキラキラ攻撃開始です。
なんか変な畑になってるけどね。。
cd1.jpg「先取りの七夕か?」



★小さな疑問〜煌めく円盤とカラスの頭脳
実は以前から気になっていたこと。
疑問:「よく畑やベランダに鳥よけのディスクがぶら下がっているけど、考えてみるとカラスってキラキラが好きだから呼び寄せちゃってダメなんじゃないの?」
これを機にチョロっと調べてみました。
答え:キラキラへの好奇心よりもフラフラ風に揺れている不審物を警戒するので、着けた直後はカラス除けになり得るそうですが、頭がいいので危険じゃないってすぐにバレちゃって結局のところ効果無し。キラキラが好きという説も個体によってマチマチで、わざわざCDディスクに寄ってくるほどの興味はない。というのが真相のようです。
だいたいがもうアッチコッチにディスク下がっているからもう危険じゃないって学習してるだろうし「何ディスク下げてんだ、バ〜カ」とか人間をあざ笑っているのかもしれない。
と、いうわけで。鳥相手の捨てディスクは有効手段とは言い難いようです。カラスと同様、図々しい鳥代表のハトにも効かないというしね。全然ビビらない・・ってかカラスと逆で抜けてるのかな。

ワタクシ鳥除けとしては使ったことないですが、アブラムシ除けとしては少しは効果あるよ(と、思うよ。
ニックネーム dango at 15:43| ときどき野菜の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月12日

野虫の会なの。続続・蝶のお庭とウチの子♪編 〜 羽化☆

梅雨に入ってから台風のような超豪雨が続いてしまっていて非常に心配だったアゲハ兄弟ですが、先日6月11日の朝、一匹目のアゲハが無事羽化、旅立ちました。
ageo-06113.jpg羽化したよ☆
8時半頃見たらもうすっかり綺麗に羽を伸ばしていて網の中で飛ぶの待機中でした。
雨こそ止んでいましたが梅雨の晴れ間とは言い難い薄陽のお天気で、さらに午後からはまた大雨ということだったので、雨が降る前に放してあげました。
何度か頭上を旋回、ザクロの花で休憩後、我が家を無事巣立っていきました。逞しく生きていってくれぃ。

ちなみに。。今回巣立っていったのは弟クンの方です。お兄ちゃんのアゲハはまだ変化無し。順番通りって訳じゃないのね。。
お兄ちゃんは地上30cmくらいのみかんの木で蛹化、弟くんは地上から1mくらいの支柱で蛹化、この違いはあったのかも。雨が多いとみかんの葉陰で地際の方が寒かったり乾燥してなかったりで羽化が遅れるのかなぁ。無事に羽化出来るといいけど。。


では、かわいい弟くんの勇姿をごらんください。
ageo-0528.jpg5月28日
前蛹・・こんなにプリッと可愛いのが、
ageo-0529.jpg5月29日
蛹化・・こんなにカチッとカッコ良くなり、
ageo-0611.jpg6月11日
抜殻・・ペリッと出た姿は、
ageo-06112.jpg
羽化・・水墨画のようでとても美しいのです。

飛んでるの見かけたら応援してね☆(本人かは誰にも分からないけど・・
ニックネーム dango at 15:48| ときどき野虫の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月05日

野虫の会なの。カタツムリ編

古いプランターを整理して洗っていたらカタツムリを2匹発見。まだ小さいです。
ツブにも見せてあげたら見つめていた。
kata1.jpg「喰えるのか?」

食べ物の葉っぱがあるところに置いてあげたいのだが畑の物食べられちゃっては困るので花壇へ移動。
kata2.jpg
ブロック塀の脇のアジサイの葉っぱに置いといた。野草だらけだし苔もあるし何かしら気に入る食べ物はあろう。

カタツムリを飼う場合、エサは野菜や果物(キャベツやレタス、ちょっと栄養価の高そうなコマツナとかニンジン、バナナとかリンゴ)をあげるようです。あと、絶対に外せないのは殻の生成に欠かせないカルシウム源。普通は卵の殻をあげるみたい。あとインコにあげるイカの甲羅とかでもいいようだ。そこら辺の野良カタツムリさんは良くブロック塀にくっ付いてカルシウムを摂取している。殻を丈夫に作らないと中に内蔵詰まってるから大変だね。複数飼育でカルシウムが足らないと弱い個体は殻を食べられちゃうことがあるようだからカルシウムには気を配ってあげよう。

カタツムリのご遺体(つまり貝殻)をベランダにコロリンと転がしておくと、スズメの母さんが砕いて食べたり持っていくそうです。堅くて丈夫な卵の殻の生成には欠かせないカルシウム源。
・・・鳥の卵の殻を喰って丈夫になったカタツムリの殻を鳥が喰って丈夫な卵を産んで殻をカタツムリが喰って・・・とエンドレス。良く出来ておる。カタツムリのご遺体を見つけたら鳥に見えるところに置いといてあげるといいかもね。
ニックネーム dango at 14:05| ときどき野虫の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする