2011年09月28日

《新連載》「T」を探せ

最近オレサマの職場で起こった事件。
それは上司のだっこちゃんさん(コザクラインコ)とはげさん(セキセイインコ)のケージで起こった。

最近二人の超お気に入りだったT字型の止まり木。
P1040399.JPG
(↑これ。止まっていたのだがカメラ構えたら寄ってきちゃった。)
短くて、お気に入りだった二人は寄り添ってよく止まってた。
でも、お気に入り過ぎてかじってかじって木っ端微塵に。

すごく大好きだったのに・・・。

そこで先輩思いのオレサマの出番。
ジューイとチームを組んで、T字型の木の枝を捜索だ!(>買えばいいのに。)
オレサマのナビゲートにより安心してジューイが捜索。
そして見つけたのがこちら:
P1050170.JPG
TというよりYだし。

で、捜索範囲を広げて再度巡回。
P1050172.JPG
でもジューイが見つけるのは良くてせいぜい「ト」。
お前の目には分度器が付いてないのか(怒)!(>ついてない。)

午後はセミナーに参加したいというジューイ。
仕方ないので今日はこれで終わり。

P1050174.JPG仮使用中

究極の「T」の捜索は続く・・・・・・。

ニックネーム dango at 23:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月26日

サツマイモの雄姿−その1・イモまでの長い道のり

ゴールデンウィークに干からびたベニアズマの苗を植え付けた↓
yasa-sa.jpg5月上旬

一週間くらいでピンとなり、その後1ヶ月くらいは見た目何にも変わらなかったのだが ↓
yasa-sa0530.JPG5月下旬

なんか蒸し暑くなってきたなぁと思ったあたりからニュ〜っと伸びてきて
2ヶ月後にはこんなカンジ ↓
yasa-sa0630.JPG6月下旬
順調に成長。この頃から脇芽も出てきました。
伸び始めると早い。サツマイモは地植えよりむしろベランダの方が向いている気がしてきました。ツタを柵に引っ掛けておけるのでジャマにならないし日光もよくあたるし。

これ3ヶ月後 ↓
yasa-sa0730.JPG7月下旬
7月中旬には暑さのあまり下葉がヘロヘロになって黄色くなる葉もチラホラ。でも変わらず元気に伸び続けるイモ。
ほぼホッタラカシで良いので楽です。害虫も無し。本格的に暑くなる6月はじめ頃まではアブラムシが新芽に集っていたが、それらはてんとう虫が来て食べてくれた♪

8月下旬になると強い日差しに葉が焼けたり枯れて落ちてくる。
yasa-sa0825.JPG8月下旬
苗の付け根の土をちょこっとどかして見たら、根っこが芋っぽい!期待大っ。

9月も下旬になると暑かったり寒かったりでイモも大変である。
yasa-sa0925.JPG9月下旬
先日の台風15号一過により、枯れていた葉や黄色い葉が落ちてかなりスッキリしてきた。(写真だとあんまり変化無い様に見えるけど・・

や〜・・ここまで長かった。結局お花は咲かなかったなぁ。朝顔みたいな花が咲くらしかったのでちょっと楽しみだったのに。残念。
いよいよサツマイモの季節到来です。
天気予報と相談しつつ10月初めの晴れ続きの日にイモ掘り決行です。
                           (つづく)
ニックネーム dango at 16:46| ときどき野菜の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月24日

真っ赤なバリア

higa.JPG
今年も庭の彼岸花が咲きだした。
去年よりも花の数が倍くらいに増えている。
その分、球根が出す毒で自然のバリアも強化されている・・ハズなのだが
今年は彼岸花の隣に植えてあったコンニャクの葉っぱが全部食べられちゃった。。
犯人はヨーガラベッチョ。
ヨーガラベッチョとは何ぞや?
(昔のブログにちょっと登場したね。
それは我が家にしか通用しない用語である。
(ザックリ・・スズメ蛾のこと、ですかね。

どうやら彼岸花バリアは地中の虫にしか通用しないようである。
(そりゃそうか。
ニックネーム dango at 11:19| わが家のお花や近所のお花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月18日

コレも緑のカーテン・・

オレ様の勤務先兼居候先の建物は現在全身スッポリ緑のカーテンで覆われている。
yasa-mi3.JPG外壁化粧直し中なの。
どうせ緑のカーテンならゴーヤの方がいいなぁと思うオレ様。。

そんな獣医の実家はゴーヤのカーテンが怖い。
yasa-mi2.JPG
やっぱり緑のカーテンならこっちだよね。
8月初めはスッカスカだったゴーヤが、何を思ったのか自らの使命に気付いたか、下旬から急激に伸びだして、あっという間にこのアリサマである。
涼しい上に手間いらず。ホッタラカシでも虫が頑張って受粉してくれて、気が付けばツブよりも大きな実がボコボコ成ってて軽く10本越え。。しかも現在も着々と成長中。ゴーヤって強いなぁ。
(とても食べきれないのでご近所に配布・・獣医も食べた。
yasa-mi1.JPG立派でしょ★
今年は大成功だ。来年もゴーヤはこの場所で決まりだな。

ちなみに動物病院外壁化粧直用の緑のカーテンは10月初めに取れる予定だが、ゴーヤの緑のカーテンはいつまで持つか。。
※※外壁工事概要については病院HPをご覧あれ。
ニックネーム dango at 10:13| ときどき野菜の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月14日

オヒシバとメヒシバ

いわゆる雑草・蔓延って困るイネ科のヤツラの大代表ではないでしょうか。
我が家の庭にもいつの間にやら生えてきて、油断するとあっという間にしっかり根を張って穂を広げてます。
メヒシバと比べて穂が太いのがオヒシバ
ohi.JPG
オヒシバと比べて穂が細いのがメヒシバ
mehi.JPG
どっちが先に命名されたのかは分かんないけど、比較の対象があってはじめて成り立つ名を持つ仲良し芝と思うとナンカ愛らしい。

このホウキのように広がった穂。スズメが上手にくちばしでこそいで実を食べるんですよね。その姿がまたカワイイです。(でも後に食べかすが散らばって、結果種蒔きされてるという・・


と、スズメといえば。
線香花火みたいにチラチラした穂が印象的なイネ科の野草。
スズメノカタビラ
suzume-kata.JPG
これも空き地でよく見ます。背が低いから生えててもあんまり気にならないけど。むしろ緑で穂がキラキラしてキレイだなぁなんて思ったりもする。
ツブが草叢に入っても埋まって見えなくなる心配がないしね。
ツブは草叢に入るとよく跳びます(本人的には走ってるつもり。。

後もうひとつ、スズメシリーズ(?)では、チョイと物騒な名前のスズメノテッポウなんていうのもある。
suzume-tepo.JPG
これはそんなに見かけないけど、ちっちゃいガマノホ見たいのがくっ付いていてカワイイ。

スズメの〇〇という名前は小さくて可愛らしい植物に付くようだ。でも虫や蛾だとスズメの〇〇っていう名前はデッカイものに付くんだよね。スズメバチとか。所変われば・・じゃないけど、面白いものです。
スズメ基準が多いのは今も昔もスズメが身近にいるからなんでしょう。我が家でも毎日スズメがご飯を食べにやってきます(オヒシバやメヒシバの花穂だけではないヨ。でもそろそろ庭の手入れしないとな。。
ニックネーム dango at 13:13| ときどき野草の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする