2010年11月24日

練馬の秋

練馬の紅葉は美しい。
P1000015-thumbnail2.jpg光が丘公園
P1000021-thumbnail2.jpg草原でカメレオンごっこ中のオレサマ
P1000100-thumbnail2.jpgもみじ山公園のそば
P1000101-thumbnail2.jpg網越しに紅葉を堪能するオレサマ
P1000115-thumbnail2.jpg土支田八幡
P1000113-thumbnail2.jpgイチョウにまみれるオレサマ
P1000116-thumbnail2.jpg横の稲荷山公園で枯葉をかき分け走るオレサマ
緑がいっぱいの職場近辺。この季節は一転してカラフルだ。

一転といえば、職場に年に一度のお楽しみ
「紅葉クリスマスツリー」が飾られた。
年々紅葉してゆくナゾのツリーが待合室できらきらしながら待ってるぞ♪

ニックネーム dango at 23:46| わが家のお花や近所のお花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月21日

つぶサイズの秋

寒くなってまいりまして、わが家のクサガメ橋之助姐さんも冬眠に入りました。
そんな近所の紅葉は。
イチョウの樹が空を黄色に、道路を銀杏臭に染めている。モミジはようやく赤くなってきた感じ。
ちなみに銀杏はお散歩がてら拾って洗って天日干し☆
鍋に入れて食べるんだ〜♪美味いですよね。秋の味覚。

で、わが家のモミジ♪
aki2.jpg
赤いです。綺麗です。
でも、、
aki1.jpg ← 嬉しくて変な顔のつぶサマ
つぶサイズです。。
盆栽モドキ。こんな小さなトコロにも秋は来るのである。
ニックネーム dango at 10:08| わが家のお花や近所のお花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月16日

野虫の会なの。芸術建築☆スズバチの巣・編

冬に備えて我が家の多肉植物くんらを室内へ移動開始です。
と、金の成る木に変なお団子がくっついている。
mushi-suzu2.jpg
よく見ると泥んこのお団子。そして上部に穴が2個空いている。
カナリ硬くしっかり出来ています。
mushi-suzu3.jpg

いろいろ調べた結果、泥団子の正体が判明しました。
スズバチの巣。(スズメバチとはゼンゼン別のハチです。
ウエストがキュッとくびれたハチです。

スズバチのお母さんは、この泥団子をセッセと作ります。
泥団子の中には、卵の部屋があり、そこにいずれ生まれる子どもの為のご飯(青虫とか)を入れておくらしい。で、卵とご飯を巣の中に入れて蓋をして、お仕事完了。別の地へと飛び立つ。
子育てしないハチなんですね。
で、生まれた子どもは泥団子の中で成長し、大人になると自ら泥団子の中から穴を開けて旅立つのだ。
つまり穴の空いている泥団子はもうもぬけの殻ってコトです。

そこで♪
この美しい芸術作品を割ってみました。
mushi-suzu4.jpg
枝からはポロッと取れたけどゼンゼン崩れない。スゴイ。
重さもカナリある。同等の大きさの石くらいありました。

カッターで削りながら切断していきましたが、硬い。目の粗い砂や細かい砂がしっかりと混ざっていて、セメントで出来てるみたいでした。重たいワケだね。
ちなみに、大きさを測ったら縦5cm、幅・奥行4.5cmで、重さは35gでした。
mushi-suzu5.jpg
中は2部屋。サナギらしき綿ワタも2つあり、排泄物(ウンチ)もあり、ちゃんと生活臭がありました〜♪

小さな体で1人でこの作品を作るんだからスゴイですよね〜。尊敬しちゃいます。
スズバチは害虫の青虫を獲ってくれる益虫で、性格も大人しく刺したりしないそうです。
なので、もし見つけたらそっとしといてあげましょう♪
ニックネーム dango at 10:35| ときどき野虫の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月10日

ロコタンブーム☆松ぼっくりを運ぶ。

去年の冬くらいから始めたお散歩中のロコタンブームです。
robo.jpg
↑ 口にはお気に入りの松ぼっくりが。

ひとつ気に入った松ぼっくりを見つけると、それをずぅぅ〜っと、くわえている。
そして家に到着しても放さずに家の中まで持って行こうとする。
仕方ないので取り上げて玄関に置いておく。

と、翌日のお散歩の時に自らそれをくわえて出発。
帰って来るまでそれをずぅぅ〜っとくわえて放さないのだ。
3756.jpg← 意気揚々と松ぼっくりをくわえて歩くロコタン
途中お水を飲む時は自分の脇に置いて、水を飲み終わるとまたくわえるの。
軽く1時間は歩くのだが、一向に飽きる気配も無くくわえ続ける。
それを何日か繰り返し。。

油断して途中で落としちゃうと、大体はまた拾ってくわえ直す。でも時々拾い損ねることもある。するとまた公園で別なる松ぼっくりを吟味。
気に入った松ぼっくりを見つけて、それをずぅぅ〜っとくわえて家まで持って帰る。
の、繰り返し。

松ぼっくりのサイズは大きくても小さくてもダメらしい。
しばらく持って歩いても途中で捨てることも結構あるし。
どうやら彼には彼のこだわりがあるようです。オモシロイ。

もともとボールが大好きだからか自ら始めたこのブーム。
松ぼっくりをくわえて得意げに歩くロコタンはナカナカに可愛い・そして面白いので、今のところ放任♪

お散歩中に、ロコタンの口元に気付いた中学生の女子らが
「なにアレ 松ぼっくり持ってる チョ〜可愛いンですけど」
と言っていたので、ちょっと嬉しい飼い主です。( 親バカだぁ

ロコタンが歩いてるのを見つけたら、ぜひ口元を見てみてねっ☆
ニックネーム dango at 14:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月09日

秋の収穫?と赤いオクラ

今年の夏は暑かったので美味しい小玉スイカを収穫出来ました。
お疲れ、スイカくん。
そしてスイカの苗を片付けようと思った10月初旬。まだまだ活きの良いスイカの苗に雌花と雄花がたんまり咲いていたので、試しに受粉してみた。猛暑だし。イケルカモ?
そして一週間であっという間に手の平サイズに♪
が。
それ以降まったく成長の兆しが無いまま12月の寒さを迎えた10月下旬。今月に入って苗が衰えはじめたので、収穫しました。
↓ こんなの。カワイイ。
aki-su1.jpg
割ってみた。
淡いピンクで淡いスイカの香り。
aki-su2.jpg
食べてみた。
淡いスイカの甘味があって、結構イケた。
まっ白の種がカナリありましたが、そのままマルっと全部食べました。
こんなに小さくってもスイカでした。すごいな〜スイカ。

そしてコチラは本格的に秋の収穫。といってもイタダキモノですが、
赤いオクラ。
yasa-Roku1.jpg
メチャメチャ綺麗でスゴイごっつく見えますが、じつは結構柔らかかったです。切り口からお水が滴る瑞々しさ♪
茹でたらこんなンなっちゃいました〜。
yasa-Roku2.jpg
柔らかくって粘っこくって美味しかったです。
ニックネーム dango at 14:35| ときどき野菜の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする