2010年09月30日

ごまつぶゼリーは目薬かも!?

バジルがガンガン育って、種が沢山出来ました。
baji1.jpg
そこで、バジルの種で以前から気になっていたコトを実験。

お皿に種を取りだして、
baji2.jpg
水に浸して数分後、
種からゼリー物質がブヨブヨ出てきて種をコーティング!!
baji3.jpg
かなりしっかりしたゼリーです。
写真だとちょっと灰色っぽく見えるかも。
どう見てもカエルの卵だよな〜・・

この特性を活かして、ジュースや缶詰のシロップやミルクなどに種を付けて、バジルの種をスイーツにして食べてる国もあるらしい。楽しい〜☆
バジル・シード入りの粉末ジュースをタイのお土産に貰ったことがありますが、タイでは普通に売っているそうです。プニプニしててオモシロイ食感です。

と、いうワケで、さらなる実験。
バジルの種を野菜ジュースに浸してみました。
(手近にあったのが野菜ジュースしかなかったので。
しかし。。
かなり長く浸けててもゼリー物質はホトンド出なかった。。
相性の良い成分のジュースがきっとあるんでしょう、それも突き詰めて実験してみたいが。。今回は断念。残念。

ま、興味のある方はご自宅のバジルの種で是非☆
(あくまで自己責任でどうぞ。


ところで。
スパイシーな良い香りのバジル、和名はメボウキというのですが、なんとその理由は種にあり。メジャーな葉ではなく種から命名するとは、ずいぶんコアなネーミングです。
感心してしまう命名理由は、この種を目に入れることで、種から出たゼリー物質がゴミを取り除いてくれるから・だそうです。昔の人はすごい利用法を考えたものです。

さすがにその実験はしない予定だが。。
だって目にナンカ入れるの怖いのだ。。
(↑コンタクト入れてるのとか取ってるの見るの怖いし。

ニックネーム dango at 11:33| ときどき野菜の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月25日

まっ赤なお花見。秋のお散歩コース

お散歩コースのもみじ山公園。紅葉がいっぱいある小さな公園です。
でも今の時期は彼岸花がとっても綺麗です。
hana-higa3.jpg綺麗だよ〜♪

今年の春に公園内の整備が始まり、毎年チャクチャクと増えていた彼岸花もカナリ減っちゃいました。それでも遠目にもまっ赤に見えるくらい沢山咲いてて綺麗ですので、病院来院のおりにはお散歩がてら足をのばしてみてはいかがでしょう。
営業部長(影武者)のツブにも会えるかも!?
因みに、未だに工事継続中なので気を付けて歩きましょう。
上から見るとこんなカンジ↓。
hana-higa2.jpg


そして。わが家の彼岸花も咲きました〜♪
お彼岸のお中日にちゃんと咲きました。
hana-higa1.jpg

いろんな別名を持つ彼岸花。
美しいものでは曼珠沙華(仏教由来)ですかね。お花屋さんでは彼岸花の仲間のリコリスが売っています(ピンクの彼岸花みたいな花です、チョ〜綺麗でカワイイです☆
あとは残念な名前。。幽霊花とか死人花とか。
お墓でよく見られたお花だからなんでしょうけど、ヒドイ。でもいろんな方言名があるってコトは、それだけ昔の人には身近な花だったんですね、彼岸花の特性を利用して動物や虫よけに使用していたわけですし、やっぱり愛されていたんだろう。(と思うことにしよう。でないとどうにも救いようの無いネーミングだ。。

因みに彼岸花がお墓でよくみられたのは、昔は土葬だったこともあって、お墓が動物に荒らされるのを防ぐ為に球根に毒のある彼岸花で防御したということです。
有効範囲が何mなのかは分からないですけど、よく田んぼの周りに植えてあるのも理由は一緒らしい。
・・・ん?ってコトはウチの庭の彼岸花の周りも虫がいないはず。。ムカデはいなくなって欲しいけど、ミミズには残って欲しいし、複雑だな。。
ニックネーム dango at 16:27| わが家のお花や近所のお花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

秋の健康診査

今日は親友のジュウベイくん(ヨークシャーテリア)のDog Docに付き添いだ。
オレサマはほんとはジュウベイくんよりジュウベイママが大好きなのだが、
今日はまあ付き合ってやるぜ。
ジュウベイくんの本日の課題は血液検査、エックス線検査、心電図検査。
心電図はオレサマの職場ではなく、
いつもジューイが手術をする時に麻酔医をしてくれる先生のところへ行って受けた。
CIMG1765.JPG
心電図検査会場でうろうろするジュウベイくんとオレサマ。
CIMG1767.JPG
いつもはママに「抱っこ〜〜」とせがんでいるジュウベイくんだが、
今日は仕方なくジューイに抱っこをせがんでいた。
でも、オレサマはそんなことじゃ妬かないぜ。
オレサマはこのあとジュウベイくんを迎えに来る
ジュウベイママに抱っこしてもらうのが一番嬉しいんだ。
(そしてちゃんと抱っこしてもらったぞ♪)

オレサマも定期的に検診を受けているけど、
ご褒美を沢山もらえたり抱っこしてもらえたりと結構いいこともある。
みんなも元気に長く過ごせるように、たまには検診を受けような!
ニックネーム dango at 15:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月14日

野虫の会なの。妖艶カマキリ編。

逆三角の顔が妖しげでステキなカマキリ。大好きな昆虫です。
mushi-kamano.jpg
この写真はなんだかプリティ〜に撮れました。命名のび太。
モチロン撮影後は我が家の庭に放しました。

お散歩中に道端で出会うと、ラッキ〜☆とばかりに捕まえて我が家にお引っ越ししてもらう。ウチの害虫を食べてもらうんだ〜♪
まあ、捕まえるって言っても肩や胸に止まらせておくので、結構すぐ飛んでいっちゃいます。あんな飛びにくそうな体格にもかかわらずカナリ身軽なカマキリ。

以前、オオカマキリの卵(枝付)が道端に転がっていて「こいつはイカン」と思って拾ってきて、庭の土にブスッと挿しておいたら大量の赤ちゃんカマキリが連なって誕生しました。
なんか救出できた感が大きくって嬉しかった〜♪

mushi-kamashi.jpg
↑6月に大量に誕生。カワイイです。
この中の何匹が大人にまでなれるのかなぁ。
赤ちゃんはまだ黄色くって羽も無いです。10日に1回くらいのペースで7〜9回程度は脱皮をくりかえしながら羽や体が大きくなり、やがて立派な大人になるわけです。
我が家の庭で時々見かけるカマキリも、もしかしたら春に生まれたこの子らなのかも、とちょっと嬉しくなります。
ニックネーム dango at 18:10| ときどき野虫の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月09日

ヘアスタイル編 頭部モヒカン

つぶモヒカン.JPG
今年の夏は暑すぎて、
さすがに寒がりで丸刈りのオレサマもタンクトップさえ着られなかった。
そんなこの夏、オレサマは頭部もモヒカンデビュー。
実はこの頭部モヒカンは2作目。
先月はもっと高いモヒカンだったが撮影を忘れた。
今回はジューイがキューピーさんを希望し、
毛質から無理だとわかっていたトリマーさんが、
しぶしぶ作ってくれたカット。
なので伸びてきたら毛が寝ちゃう予定。期間限定。
ニックネーム dango at 00:00| つぶコレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする